使い勝手のよい4K動画

カスタマイズできる4K動画

コスパのよいビデオ三脚

GH4の4Kで問題なし


2014年07月22日

GH4の花火設定(仮)

https://www.youtube.com/watch?v=HNCRdwTgw_c

これを撮影しているときの設定です。
フォトスタイル:カスタム(風景)
  コントラスト:−5
  彩度:+5
  色相:−1

ハイライトシャドウ
  ハイライト:−5
  シャドウ:+5

SS優先:1/30sec
測光:中央重点
露出:+3

iDレンジコントロール:弱
超解像:拡張

マスターペデスタル:−1

輝度レベル:16−255
posted by dtvsakuranejp at 22:47| Comment(0) | DTVニュース

2014年07月06日

NHK 8K パブリックビューイング

8Kというのがどんなものか見てきました。
http://www.nhk-sc.or.jp/event/wcpv/kouhoku/
ずっと録画放送しています。

画面は350インチです。
引きの画で、選手の背番号、、ではなくその上の選手名まで見えるのに驚きました。
むしろ視聴側の視力が足りません。

ただここまで来ると動体ぶれによる解像力の低下がすごく気になる。
(カメラは固定、引きの画なので圧縮の話ではなく、ソースの話。)
スポーツ中継にはフレームレートの向上が不可欠であると感じました。

階調・ダイナミックレンジは思ったより全然良好で、
スタジアムの半分が日向、半分が日陰という場面であっても
片方が見えないということはありません。
さすがに、ピッチサイドから、選手=日陰、背景=日向の観客席
という場面は飛びまくりでしたけど、どんな放送でもそんなもんでしょう。

22チャンネルの音響はすさまじいです。
頭の上からの場内放送、マシンガンのように鳴り響く一眼レフの連射音など
臨場感はすごい。
しかしこれ一般家庭じゃ再現不能でしょ。
posted by dtvsakuranejp at 13:27| Comment(0) | DTVニュース