使い勝手のよい4K動画

カスタマイズできる4K動画

コスパのよいビデオ三脚

GH4の4Kで問題なし


2011年07月17日

純正WD-H58WとレイノックスHDP-5072EXの比較

暑さで頭がやられてしまったのか、
純正WD-H58WとレイノックスHDP-5072EXを
購入してしまいました。それでは比較です。

★前提
フルオート、手持ち。
晴天ですが、空気はかすんでいて
空も山も抜けるようにとはいきませんでした。
まあ、ちょうどサンプル画像のような感じです。

★WD-H58W
ワイド端
WDH58W_1.jpg
ひろびろ〜〜〜
そして純正ワイコンは素晴らしいことに
HF G10のマニュアルフォーカスの時に、
「1.2m」とか「∞」とかの表示が、
ワイコン装着状態にあわせて補正表示されるのですよ。
フォーカス合わせがすごくやりやすいです。
さらに、テレ端
WDH58W_2.jpg
ご覧のようにズーム全域で使用可能です。

★HDP-5072EX
ワイド端
HDP5072PRO_1.jpg
広いってもんじゃない広い。
しかし、ちょっとこの絵だと、
四隅の歪みが分かりづらいですね。
某雑誌社のページにもサンプルあるんで
歪み具合はそっちで確認してください。

しかし、HDP-5072EXは、レイノックスみずからが
「オートフォーカスで使ってください」
と宣言しているとおり、フォーカスの使い勝手が
純正には劣ります。まず、距離計の数字がハチャメチャ。
だいたい「0.3m」「0.4m」あたりで無限遠になり
それ以上やるとボケる。
花火モードにすると0.3mとか絶対に
合わせてくれないので簡単に死ねる。
仕方なくマニュアルフォーカスにするが、
花火のように暗闇で目印がないと困る。

続いてズーム中域。
HDP5072PRO_2.jpg
この辺が限界。周辺はだいぶ流れていますね。
それ以上やるとこのようにぼけます。
HDP5072PRO_3.jpg
タグ:HF G10
posted by dtvsakuranejp at 13:33| Comment(0) | DTVネタ

2011年06月12日

感度勝負のホタル撮影

HF G10で蛍を撮影します!
ホタルの動画撮影、ビデオ撮影に最も重要なこと。
それは

「光を漏らすな!」

これに尽きると思います。
ホタルというのは光に非常に敏感で、
月明かりにすら影響を受ける生き物。
そこで

hotaru1.jpg

液晶モニタを開くなどもってのほか!
つまりタッチパネルの操作が出来ないということですから
結構厳しい制約です。事前にリハーサルをして
あらかじめほとんどの設定は終わらせた上で、
カスタムリング・フォーカスリングで
どうしても必要な操作ができるように練習しました。
あとフォーカスはマニュアルで。

さらに

hotaru2.jpg

こんなライトを光らせるなど、近所迷惑、いやホタル迷惑!
ということで

hotaru3.jpg

目張り完了。
この状態で撮影を敢行しました。

その結果、

懐中電灯を振り回したり
フラッシュ炊いたりするバカに逆上し、
精神を乱されたせいか
録画のスタート・ストップを
逆にするという大ボケ。


しかも目張りで気づかないし。
ということで一番いいところは映っていませんが
ま、G10の能力はかいま見えたかな。

6/19追記
申しわけありません。先日まで公開していた動画ですが
その後、いくつか設定を試したところ
「このホタル動画はあまりにもヒドイ。腕が悪い。」
という結論になったので削除します。
また機会があれば。

それはさておき、ずっと眺めていて気づいたのですが
想像以上にホタルは光に敏感ですね。
遠くで誰かが懐中電灯をつけただけで、
乱舞していたホタルがすーっと消えていくのです。
パッと切り替わる訳じゃないのですが
本当に、消えてしまいます。

タグ:HF G10
posted by dtvsakuranejp at 23:56| Comment(0) | DTVネタ

2011年01月07日

キヤノン新型ビデオカメラ登場CES2011

HF G10にもうメロメロといったところですが、
Mシリーズも同じCMOSを積んでいるようです。
低価格でも高画質を求めるユーザにはピッタリです。
posted by dtvsakuranejp at 01:28| Comment(0) | DTVネタ

2010年09月01日

夏も終わりか・・・花火大会動画を振り返る

なぜか今年の夏は花火大会の動画を撮りまくった。
難しい、難しい。
しかしラッキーパンチのように上手く撮れたカットを
見つけると舞い上がった気分になる。不思議な物です。
下の映像からYoutubeに飛んでみると高画質版、
あと他の花火動画もいくつか見ることができます。




posted by dtvsakuranejp at 00:27| Comment(0) | DTVネタ

2010年08月15日

花火動画の残像効果(東京湾大華火祭)

前のエントリで紹介した残像効果は3秒でしたが、
これを約1/8秒に抑えると、ちょっと残像が残った
いい感じの映像になる。もちろん好みによるけど。
花火は、東京湾大華火祭のクライマックスです。
WB:屋内
WBシフト:+4
AF:スポットフォーカス
その他
1/60sec, F1.8, 6db固定になるように明るさ調整
手ぶれ補正スタンダード(風が強く念のため)
逆光補正オフ
おそらく花火との距離1キロ弱
これは7号〜10号と思われます。大きい部類。
三重芯もあり、見応えありです。

posted by dtvsakuranejp at 17:42| Comment(0) | DTVネタ